接骨院での自賠責保険適用の流れ

交通事故によって怪我を負った場合「自賠責保険」が適用され、その怪我の治療やリハビリは自己負担なしで受けることができます。ここでは、接骨院でも適用される自賠責保険の適用とその流れをご紹介します。

自賠責保険とは?

自賠責保険は、交通事故被害者の救済のために法律で認められた強制保険です。
交通事故で怪我を負った場合、被害者は加害者に対して損害賠償を請求することができます。ただ、その金額は高額になることがあり、加害者は多くの賠償を背負うことになります。

被害者が確実に補償を受けられるようにするために自賠責保険があります。自賠責保険は法律によって加入することが義務付けられていますので、車やバイクを運転する人は必ず加入しなければなりません。

自賠責保険の適用とその流れ

万が一交通事故に遭った場合、この保険を利用して怪我の治療を自己負担なしで受けることができます。リハビリのための病院での治療費や交通費も全て自賠責保険から支払われます。接骨院で施術を受ける場合も同様です。加害者であっても、過失割合が100%でなければ自賠責保険が適用されます。

保険適用の流れ

自賠責保険を利用して治療や施術、リハビリを受けるためには、警察で発行される「事故証明書」と、病院で発行される「診断書」が必要です。そのため、事故に遭った時は事故の大小にかかわらず、まずは警察へ連絡します。その場で被害者、加害者双方の名前、住所、連絡先、免許証、自賠責保険の加入先(保険会社)を確認し、次に保険会社へ事故の経緯を連絡します。

怪我の程度に関係なく、病院へは早めに行き、検査を受けて診断書を発行してもらいます。その後診断書を警察に届け、人身事故と認められることで自賠責保険の適用が可能になります。そして、接骨院で交通事故治療を受けることを保険会社へ連絡すれば、負担額ゼロで通院することができます。

自動車賠償責任保険(自賠責保険)施術

自動車賠償責任保険(自賠責保険)施術

自動車賠償責任保険(自賠責保険)施術を行った場合は、「自動車賠償責任保険 施術証明書及び施術費用明細書」(画像は施術証明書の部分)に所定の事項を記載の上、書類提出先となる損害保険会社に提出します。

この用紙はA3サイズまたはB4サイズで、左半分が施術証明書、右半分が施術費用明細書となっています。
用紙のダウンロードはこちら

施術の種類

自賠責保険施術は自由施術

一般的に、自賠責保険施術は自由施術となります。
従って、ほとんどの場合、「自由 3」と書かれた「3」の部分を○で囲むようにして記載します。

自賠責保険施術であっても、健康保険施術協定料金で算定した場合は「健保・国保 1」と書かれた「1」の部分に○、労災保険施術協定料金で算定した場合は「労災 2」と書かれた「2」の部分に○を付けます。
また、上記以外の特別な算定方法では、「その他 4」と書かれた「4」の部分に○を付けます。

負傷起因

「業務上」と「業務外」のいずれかに○をするようになっていますが、一般的な交通外傷の場合は「業務外」を○で囲みます。
「業務上」を○で囲むのは、会社員などの人が勤務時間中に交通事故を受傷した場合や、通勤途上で交通事故を受傷した場合など、自賠責保険施術でない場合であれば労災(または通災)保険施術の適用となるものです。

被保険者証の番号・記号

原則としてこの欄には、患者さんが加入する医療保険被保険者証記載の番号や記入を記載しません。
ここに記載するのは、交通事故による傷病として医療保険の保険者に対して届け出て、その保険者に対して健康保険施術協定料金によって療養費の支給申請を行った場合など、一定の条件を満たした場合です。

保険者

「被保険者証の番号・記号」にそれを記載した場合に限って、この欄に医療保険の保険者を記載します。

年齢

この書類の証明年月日(後述)現在における患者さんの年齢を記載します。

初検年月日

初検年月日のみならず、当該傷病で初検で受療した時刻も記載する必要があります。
時刻の記載は、午前9時であれば「9時」、午後8時であれば「20時」など、0〜24時の間で記載します。

施術期間

今回の保険請求を行う算定期間を記載します。

【例】
8月の施術日=2(初検)、3、5、10、15、20、24、30日の8日間
9月の施術日=3、5、7、10、14、18、22、25、28日の9日間
10月の施術日=5、7、13(治癒)日の3日間

上記の【例】に掲げたそれぞれの月の施術期間は、以下のとおりとなります。

8月の施術期間=8月2日〜8月30日(29日間)
9月の施術期間=9月3日〜9月28日(26日間)
10月の施術期間=10月5日〜10月13日(9日間)

この時、9月も引き続き施術を行う予定であるため、8月30日の転帰は継続となっています。
8月31日は施術を行っていないものの施術期間に含まれるように思いがちですが、自賠責保険施術における施術期間はその月の初回施術日から最終施術日までとなります。

施術実日数

前述した【例】で述べると、該当月において施術を行った日数を意味します。

8月の施術実日数=8日
9月の施術実日数=9日
10月の施術実日数=3日

通院実日数

施術実日数は、患者さんに来院してもらって(外来)施術した日数と、患家に往療(往診)して施術した日数を合計したものです。

施術実日数=外来施術日数+往療施術日数

通院実日数は、外来施術日数を記載します。(往療施術日数を除いた日数)

転帰

負傷名が1部位の場合は、当該傷病の転帰をそのまま記載します。
負傷名が2部位以上ある場合では、以下のように記載します。
なお、転帰は該当する文字を○で囲みます。

負傷名の数 / 各負傷の転帰 / 9)転帰欄に記載する転帰

1部位 / A / A(△療承△汎韻)
2部位 / いずれの転帰もAである場合 / A(△療承△汎韻)
2部位 / いずれか1つが「継続」 / 「継続」
2部位 / 1つが「治癒」、もう1つが「中止」 / 「中止」
3部位以上 / いずれの転帰もAである場合 / A(△療承△汎韻)
3部位以上 / いずれか1つが「継続」 / 「継続」
3部位以上 / 「治癒」と「中止」の混在で、「継続」がないもの / 「中止」

負傷名及び部位

療養費支給申請(健康保険施術)で用いる傷病名を用います。
ただし、健康保険施術では近接部位に該当して算定できない場合がありましたが、自賠責保険施術の場合では損害保険会社によって近接部位であっても重複して請求できる場合があります。

転帰

転帰

この欄には、各負傷名における転帰を記載します。

【補足】
今日のBlogは、自賠責保険請求にかかる施術証明書および施術費用明細書の書き方について話題に取り上げました。
書類の書き方(文書)に関するBlogですが、カテゴリ上は「保険請求について」に分類しました。

HOME|予定・アクセス|募集要項|個人情報保護ポリシー|お問合せ|もどる
タカハマ整骨院
〒780-0087高知県高知市南久保2番33号
TEL:088-884-1508
(5,203 - 13 - 40)
Copyright(C)2017タカハマ整骨院All Rights Reserved.